日経パソコン 2016/11/14号

ビジネスメールの掟
顔文字だってOK? こんなにあるローカルルール

今回の掟 件名を見なくても内容が把握できる文面を心掛けるメールと電話の使い分けは難しい。まずは社内で意識の共有を独自のメール用語を使うなら、事前にそのことを周知する直井:読者が出会った驚きのメールルール。いよいよ最終回です。まずは(1)から。(109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2329文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
日経パソコンEdu用記事(非表示) > 情報倫理・著作権を学ぶ > メールの作法
update:19/09/25