日経ヘルスケア 2016/12号

特集2 激変!回復期リハビリ病棟
〔総論〕 病床数が大幅増、「量」から「質」へ政策転換 アウトカム評価を常に意識した運営が重要に

 ここで、アウトカム評価の仕組みを詳しく見てみよう(図2)。「実績指数」を3カ月ごとに集計・報告し、2回連続して実績指数が27未満の場合に6単位を超える疾患別リハビリ料が入院料に包括されるというのが大枠。2017年1月に、2016年7〜12月の6カ月間に退棟した患…(42〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4334文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 激変!回復期リハビリ病棟(41ページ掲載)
激変!回復期リハビリ病棟
特集2 激変!回復期リハビリ病棟(42〜44ページ掲載)
〔総論〕 病床数が大幅増、「量」から「質」へ政策転換 アウトカム評価を常に意識した運営が重要に
特集2 激変!回復期リハビリ病棟(45〜52ページ掲載)
〔運営強化のポイント〕 限られた入院日数で高いリハビリ効果を出す FIM測定の向上、早期入棟の促進…五つの勘所
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/09/27