日経ホームビルダー 2017/01号

特集2 困ったお客の見分け方
困ったお客の見分け方

世間には無理難題ばかり並べる「困ったお客」がいる。仕事欲しさにその過剰な要求に応えていると、営業担当者は疲弊し、会社の利益も圧迫される。尽くすべき「真っ当なお客」と選んではいけない「困ったお客」。その境界線は、一体どこにあるのか。(55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:378文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 困ったお客の見分け方(55ページ掲載)
困ったお客の見分け方
特集2 困ったお客の見分け方(56〜63ページ掲載)
【Part1 事例編】 早期の危険察知が身を救う
特集2 困ったお客の見分け方(64〜67ページ掲載)
【Part2 対策編】 自社の方針を安易に曲げるな
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
update:19/09/27