日経SYSTEMS 2017/01号

特集1 達人の火消し術
〔パート3 トラブル時に取るべき行動〕 大事なのは「決めること」 誠実でブレない行動を取る

 そうはいっても、QCDがゴールの一部であることがほとんどだ。多くのITプロジェクトでは、品質不良を契機として納期が遅れ、さらに予算が超過する。いわば「QCDは三つ巴」の因果関係にあり、トラブルの渦中のプロジェクトは、QCD全部が未達状態となる(図1)。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5661文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > マネジメントスキル
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > マネジメントスキル
update:19/09/25