日経アーキテクチュア 2017/04/13号

特集 〔追跡 熊本大地震〕耐震性能を「見える化」せよ
〔熊本地震からの宿題〕 建物の「地下」に死角あり
基礎・地盤 杭基礎の耐震性能を把握せよ

建物の損傷が軽微でも、杭が損傷したため結局、取り壊される─。熊本地震では、そうした被害事例が見られた。実はこれまでの大規模地震でも、杭被害は繰り返されてきた。地震後も継続して使用するためには、上部構造の耐震補強だけでは十分ではない。(52〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3841文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 〔追跡 熊本大地震〕耐震性能を「見える化」せよ(50〜51ページ掲載)
追跡 熊本大地震 耐震性能を「見える化」せよ
特集 〔追跡 熊本大地震〕耐震性能を「見える化」せよ(52〜55ページ掲載)
〔熊本地震からの宿題〕 建物の「地下」に死角あり
特集 〔追跡 熊本大地震〕耐震性能を「見える化」せよ(56〜58ページ掲載)
〔熊本地震からの宿題〕 活断層 地盤のずれに対応した安全対策を
特集 〔追跡 熊本大地震〕耐震性能を「見える化」せよ(59〜61ページ掲載)
〔熊本地震からの宿題〕 長周期地震動 免震建物の「想定外」を潰せ
特集 〔追跡 熊本大地震〕耐震性能を「見える化」せよ(62〜65ページ掲載)
〔動き出した官の取り組み〕 「地域係数1.2」を義務化
特集 〔追跡 熊本大地震〕耐震性能を「見える化」せよ(66〜69ページ掲載)
〔民から始まる地震への備え〕 「最悪」見せて需要を生む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
update:19/09/26