日経メディカル 2017/06号

特集1 その肺炎 治す?治さない?
高齢者肺炎、これが私の対応
実践者に聞く 患者・家族との向き合い方

 まず、嚥下機能が低下して内服ができない、静脈ラインが確保できないといった状態にあって、薬剤の投与にこだわり過ぎると患者を苦しめてしまうこともある。家族と相談した上で、抗炎症薬の挿肛など緩和的なアプローチに移行することもあろう。患者本人から…(40〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8082文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 その肺炎 治す?治さない?(32〜33ページ掲載)
その肺炎 治す?治さない?
特集1 その肺炎 治す?治さない?(34〜39ページ掲載)
肺炎に「治療しない」選択も
特集1 その肺炎 治す?治さない?(40〜44ページ掲載)
高齢者肺炎、これが私の対応
特集1 その肺炎 治す?治さない?(45ページ掲載)
〔提言〕 治療・ケアの決め手は患者の意思
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27