日経メディカル 2017/06号

特集2 国が本腰!「かぜに抗菌薬を使うべからず」
診断には検査を活用 処方代わりに患者指導を
急性気道感染症・急性下痢症はこう診療

 外来での抗菌薬適正使用の推進を担う、厚労省が通知予定の「抗微生物薬適正使用の手引き」。現在公開されている第一版案は、急性気道感染症(感冒、急性気管支炎、急性鼻副鼻腔炎、急性咽頭炎)と急性下痢症(サルモネラ腸炎、カンピロバクター腸炎、腸管出…(55〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3871文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 国が本腰!「かぜに抗菌薬を使うべからず」(51ページ掲載)
国が本腰!「かぜに抗菌薬を使うべからず」
特集2 国が本腰!「かぜに抗菌薬を使うべからず」(52〜54ページ掲載)
「念のため」の抗菌薬を手引きの活用で減らせ
特集2 国が本腰!「かぜに抗菌薬を使うべからず」(55〜57ページ掲載)
診断には検査を活用 処方代わりに患者指導を
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27