日経ドラッグインフォメーション 2017/07号

薬の相互作用としくみ
核内受容体が関与する相互作用(1)
核内受容体の活性化による薬物代謝酵素の誘導に注意

 SULT2A1を基質とする薬剤には、アビラテロン酢酸エステル(ザイティガ、抗アンドロゲン薬;CYP3A4、SULT2A1の基質)があり、リファンピシン(リファジン他)との併用で血中濃度が55%低下することが報告されている。これは、リファンピシンのCYP3A4誘導に起因すると…(22〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6099文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
【記事に登場する企業】
杉山薬局
update:19/09/27