日経NETWORK 2017/09号

NEWS close−up
NICTが衛星量子通信の実験に成功
光通信の数万倍の容量を持つ“夢”の技術 数十年後の実用化目指し大きな一歩

情報通信研究機構(NICT)は2017年7月11日、超小型人工衛星を使った量子通信の実証実験に世界で初めて成功▼したと発表した。量子通信は、光通信を超える大容量データ転送を実現できる夢の通信技術として期待されているもの。実用化はまだまだ先だが、今回の成功はそのための大きな一歩である。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2463文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信工学 > 通信工学全般*
ビズボードスペシャル > 学術系 > 通信工学全般*
【記事に登場する企業】
情報通信研究機構(NICT)
update:19/09/26