日経NETWORK 2017/09号

特別レポート
攻撃者目線で弱点探るレッドチーム
リクルートで取り組み始まる

セキュリティ対策は、「システムをどう守るか」という観点で考えるのが一般的だ。これに対し、「攻撃者ならどう攻撃するか」という観点で社内のシステムの脆弱性を洗い出す特殊な組織が「レッドチーム」である(図1)。米国の民間企業に設置が広がっている▼。(55〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4037文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > 情報システム構築事例 > 情報システム構築事例全般*
ビズボードスペシャル > 事例 > 情報システム構築事例全般*
update:19/09/26