日経コンピュータ 2017/09/28号

フォーカス
知られざるヒット製品も 国産ハード開発秘話

「日立製作所がメインフレームの開発・製造から撤退」「富士通、携帯電話事業売却を検討」「NEC、オフコン事業から撤退」——。国産IT大手によるハードウエア事業からの撤退が相次いでいる。しかし、どれも不調というわけではない。売れ行きが好調で、着実に売り上げに貢献している製品を分析すると、国産ハード事業の生き残り策が見えてきた。(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4281文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > ディスプレイ > その他(ディスプレイ)
インターネットサービス > クラウドサービス > 法人向けクラウドサービス
情報システム > コンピュータ本体 > 法人向けパソコン・タブレット端末*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > ユーザー認証・電子署名技術
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > 法人向けクラウドサービス
【記事に登場する企業】
NEC
日立製作所
富士通
update:19/09/24