日経アーキテクチュア 2017/10/26号

特別リポート ロボットが現場を救う
進展するICT技術 AIやIoTがロボットを生かす
トラブル発生時も人の手を煩わせない

人手不足を補うのはロボットに限らない。AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、センサーといった技術にも期待が集まる。かつてのロボット開発のときと異なるのは、ICT(情報通信技術)の進展だ。(75〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2479文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特別リポート ロボットが現場を救う(67ページ掲載)
ロボットが現場を救う
特別リポート ロボットが現場を救う(68〜71ページ掲載)
始まった「生産性革命」 現場にロボットがやって来る
特別リポート ロボットが現場を救う(72〜74ページ掲載)
ロボット開発、再び “無駄な作業”を代替させる
特別リポート ロボットが現場を救う(75〜77ページ掲載)
進展するICT技術 AIやIoTがロボットを生かす
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > その他(ロボット)
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
【記事に登場する企業】
大林組
竹中工務店
update:19/09/26