日経SYSTEMS 2017/11号

TREND テクノロジー
IoTでニーズ高まる特権ID管理 対サイバー攻撃の機能強化

特権IDの悪用を防ぐ管理製品が注目を集めている。セキュリティ対策では地味な存在だったが、クラウドやIoT(Internet of Things)の進展でニーズが高まっている。日本CAは2017年10月4日に特権ID管理の新製品を発売した。特権ID管理製品でシェアトップのイスラエルのサイバーアーク・ソフトウエアは2017年1月に日本法人を設立し、8月にはマクニカネットワークスを代理店に加えた…(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1411文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > サイバー攻撃・サイバーテロ
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > 情報システム市場・業界動向 > 情報システムの市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 情報システムの市場・業界動向
【記事に登場する企業】
CA Technologies(日本法人)
update:19/09/25