日経SYSTEMS 2017/11号

プロジェクトを破たんさせない ロスコスト予防法
第2回 リスク連鎖モデルとは
原因と結果の連鎖をモデル化 ロスコストへの道筋を明確に

今回からロスコストマネジメントの核となる「リスク連鎖モデル」を解説する。ロスコストに至る原因と結果の連鎖を分析・整理しモデル化することで、「どのような対策」を「いつの時点」で打つかといった具体的判断が可能になる。(58〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7038文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > マネジメントスキル
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > システム設計・開発 > システム設計手法
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > マネジメントスキル
【記事に登場する企業】
日立製作所
update:19/09/25