日経SYSTEMS 2017/11号

上流でどう守る? 5大脅威へのセキュリティ設計
第2回 標的型攻撃とランサムウエア
頻発する攻撃の2トップ マルウエアへの対応が鍵

企業で特に直面することが多いのが「標的型攻撃」と「ランサムウエア」だ。この二つの脅威は原因が似ており、セキュリティ設計で実装すべき対策は共通点が多い。標的型攻撃、ランサムウエアがどういった攻撃なのか、原因は何か、どう対策を検討すべきかを解説する。(64〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7932文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > マネジメントスキル
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > サイバー攻撃・サイバーテロ
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > サービス拒否攻撃(DoS)*
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > システム設計・開発 > システム設計手法
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > マネジメントスキル
【記事に登場する企業】
NRIセキュアテクノロジーズ
update:19/09/25