日経SYSTEMS 2017/11号

デザイン思考の裏技
第2回 「共感」の裏技
まずは身近な相手にアクセス 聞き方、聞く順番に気配りを

「共感」フェーズのポイントは、ユーザーの現場を観察し、相手の考え方を理解すること。ただし、あまりに気張って現場やユーザーを探すと、落とし穴にはまる。適切なユーザーに出会い、その考え方を引き出すための裏技を紹介する。共感フェーズの目的は、新しい体験を提供したいユーザーの考え方を理解し、共感すること。そのために、ユーザーがいる現場に赴き、仮説を持たずに観察したり、インタビューしたりする。(76〜81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7016文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

デザイン思考の裏技
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > マネジメントスキル
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > マネジメントスキル
【記事に登場する企業】
NTTデータ経営研究所
update:19/09/25