日経ものづくり 2017/11号

レポート
日産の不正検査は資格と工程で逸脱 再発防止策の実施後も止められず

 完成検査は、日本における自動車の型式指定制度において必要となる検査だ。型式指定制度では、保安基準への適合性などの審査を受けた車両を新規登録する際に、現車を提示した新規検査を実施する代わりに、自動車メーカーが1台ごとに完成検査を実施して発行…(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2682文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 生産体制(車・バイク)
【記事に登場する企業】
日産自動車
update:19/09/26