日経メディカル 2017/11号

特集1 600号記念特集 かかりつけ医の未来
かかりつけ医機能を高める 5つの条件はこれだ!

 かかりつけ医としての機能を発揮するためには、自院の人員体制を手厚くしたり、地域連携を構築するための取り組みが欠かせない。医療提供体制の変化や一歩先を行く現場の実践からは、機能強化のための5つのポイントが見えてくる。(40〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7344文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 600号記念特集 かかりつけ医の未来(30〜31ページ掲載)
600号記念特集 かかりつけ医の未来
特集1 600号記念特集 かかりつけ医の未来(32〜33ページ掲載)
活発化する「かかりつけ医」論議
特集1 600号記念特集 かかりつけ医の未来(34〜35ページ掲載)
多職種連携で急性期患者の在宅復帰を支援
特集1 600号記念特集 かかりつけ医の未来(36〜37ページ掲載)
病院と情報を共有し退院後の診療に生かす
特集1 600号記念特集 かかりつけ医の未来(38〜39ページ掲載)
夜間対応も担う在宅主治医 急性増悪時は病棟医と連携
特集1 600号記念特集 かかりつけ医の未来(40〜44ページ掲載)
かかりつけ医機能を高める 5つの条件はこれだ!
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > その他(病院・薬局・施設経営)
update:19/09/27