日経メディカル 2017/11号

判例に学ぶ医療トラブル回避術
産科補償の利用者が提訴 報告書を基に過失認める

 仮死状態で出生した新生児に重度の後遺障害が生じ、両親が病院を提訴。裁判所は、既に作成されていた産科医療補償制度による原因分析報告書などを根拠に、急速遂娩を行わなかった過失があるとして、損害賠償金1億9000万円余りを支払うよう命じました。(86〜88ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4500文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:19/09/27