日経メディカル 2017/11号

開業と経営
職員が無断で深夜のバイト、処分できるか?

今回紹介した事例では当初、院長が解雇も視野に入れていた。副業を理由とする解雇の有効性を巡る裁判は過去に幾つも行われているが、「本業への影響がどの程度か」が大きな判断材料となっている。(97〜98ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2694文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/09/27