日経アーキテクチュア 2017/12/14号

トピックス 働き方が街を変える 森ビル、三井不が進める周辺巻き込み開発の勝算
職・住・遊・学一体化の総仕上げ
豊洲2丁目駅前地区再開発2−1街区(事業主体:三井不動産ほか)

三井不動産が豊洲2丁目で進める大規模再開発は、1980年代から続く豊洲再開発の集大成だ。職住近接によるライフスタイル提案や、事業継続計画(BCP)を強化したビルで、街の魅力を高める。 東京メトロ有楽町線豊洲駅とゆりかもめ豊洲駅前に広がる約2.8万m2の街区…(88〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3928文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 都市開発・不動産開発事例
建設・不動産 > 不動産事業 > 都市開発・不動産開発事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 都市開発・不動産開発事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木・都市開発の防災
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > 都市開発・不動産開発事例
【記事に登場する企業】
三井不動産
森ビル
update:19/09/26