日経ヘルスケア 2018/01号

特集1 2025年医療・介護の未来予想図
医療編 国の「適正化」策はますます進化
医療編

2025年における地域医療構想の達成に向けて、議論を加速させる新たな仕掛けが投入される。将来は各都道府県で、外来の機能分化・連携と医師の偏在解消が併せて検討される日が来る可能性も。今後の診療報酬改定は、地域ごとの医療提供体制の再編を後押しする役割がより色濃くなるだろう。(44〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7798文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集1 2025年医療・介護の未来予想図(32〜33ページ掲載)
2025年医療・介護の未来予想図
特集1 2025年医療・介護の未来予想図(34〜37ページ掲載)
プロローグ 荒波越えた医療・介護経営者は何を思う?
特集1 2025年医療・介護の未来予想図(38〜43ページ掲載)
全体動向 2025年に向けて「本格再編期」に突入
特集1 2025年医療・介護の未来予想図(44〜49ページ掲載)
医療編 国の「適正化」策はますます進化
特集1 2025年医療・介護の未来予想図(50〜55ページ掲載)
介護編 改革の裏側で絡み合う各省庁の思惑
関連カテゴリ・企業名
update:18/01/17