日経ヘルスケア 2018/01号

特集3 介護の人材採用
介護の人材採用
打てる手はすべて打つべし

急激に悪化している介護人材の採用環境。職員確保の成否が経営の浮沈を左右すると言っても過言ではない。給与アップにとどまらず、元気高齢者の活用や新規採用ルートの開拓など、あらゆる手を尽くして職員の採用・定着に努めたい。(69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:257文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集3 介護の人材採用(69ページ掲載)
介護の人材採用
特集3 介護の人材採用(70〜79ページ掲載)
在宅介護サービス経営者・管理者350人アンケート
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
【記事に登場する企業】
エス・エム・エス
update:18/01/17