日経Automotive 2018/02号

Cover Story 2040年のクルマ徹底予測
〔Part1 パワートレーン〕 EV化にワナ、エンジン効率60%超

 パワートレーンの動向を占う上でカギを握るのは、電気自動車(EV)の比率である。エンジンに強い日系自動車関連メーカーの行方を大きく左右する。 2017年、EVが普及していくとの見方で賑わった。中国勢と欧州勢の“EVシフト”が鮮明になったことが大きい。(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5298文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Cover Story 2040年のクルマ徹底予測(48〜49ページ掲載)
2040年のクルマ徹底予測
Cover Story 2040年のクルマ徹底予測(50〜53ページ掲載)
2040年のクルマ徹底予測(表)
Cover Story 2040年のクルマ徹底予測(54〜57ページ掲載)
〔Part1 パワートレーン〕 EV化にワナ、エンジン効率60%超
Cover Story 2040年のクルマ徹底予測(58〜61ページ掲載)
〔Part2 ボディー〕 鉄が減り、熱可塑性CFRP台頭
Cover Story 2040年のクルマ徹底予測(62〜65ページ掲載)
〔Part3 安全/サービス〕 AIと自動運転車が街を見守る
Cover Story 2040年のクルマ徹底予測(66〜69ページ掲載)
〔Part4 車内空間/HMI〕 車内は快適な「部屋」になる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 電動自動車・バイク
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 電動自動車・バイク
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他部品(車・バイク)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > エンジン・モーター
ビズボードスペシャル > 環境 > 電動自動車・バイク
update:19/09/26