日経ヘルスケア 2018/02号

特集1 中小病院の生き残り戦略2018
中小病院の生き残り戦略2018
切り札は「軽度急性期」「急性期後」機能

2018年度診療報酬改定で、病院の規模や受け入れる患者像に応じた機能分化がさらに加速しそうだ。今後は地域の医療提供体制や需要の変化を的確に捉え、早期に自院の機能を見直す必要がある。地域密着型の中小病院では、軽度の急性期や急性期後、回復期の機能を…(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:386文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集1 中小病院の生き残り戦略2018(40〜41ページ掲載)
中小病院の生き残り戦略2018
特集1 中小病院の生き残り戦略2018(42〜45ページ掲載)
INTRODUCTION 機能分化が加速、病棟再編は早期に決断を
特集1 中小病院の生き残り戦略2018(46〜54ページ掲載)
STRATEGY 専門特化や前方連携、リハで病棟機能を強化
関連カテゴリ・企業名
update:18/02/17