日経ヘルスケア 2018/03号

特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ
外来 かかりつけ医機能を促進、オンライン診療も

 外来医療の報酬改定で重視された点の一つは、患者が通院できなくなっても、かかりつけ医が関わり続ける仕組み作り。その代表例が、(認知症)地域包括診療料・加算の見直しだ。 同診療料・加算ともに点数のより高い上位ランクが設けられ、外来診療…(34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1132文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(26〜27ページ掲載)
決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(28ページ掲載)
全体動向 医療ニーズの増大を見据え在宅移行を促す
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(29ページ掲載)
急性期入院・DPC/PDPS 7対1・10対1を再編して7段階の評価に
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(30ページ掲載)
急性期後・回復期入院 地域包括ケア病棟は在宅患者の受け入れ重視
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(31ページ掲載)
慢性期入院 看護配置要件を「20対1以上」に一本化
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(32ページ掲載)
入院一般 在宅復帰率の見直しで自宅等への退院推進
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(33ページ掲載)
医療・介護連携 介護側への情報提供などに高い報酬
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(34ページ掲載)
外来 かかりつけ医機能を促進、オンライン診療も
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(35ページ掲載)
在宅医療・訪問看護 在支診以外の評価を拡充して在宅参入を促す
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(36ページ掲載)
看取り 在宅・入院で充実、厚労省GLへの対応が鍵
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(37ページ掲載)
働き方改革 勤務環境の改善に向けた取り組みを具体化
特集1 決定!2018年度診療報酬改定 2025年を見据えて報酬体系は新ステージへ(38〜53ページ掲載)
2018年度診療報酬改定における主要改定項目
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:18/03/17