日経ヘルスケア 2018/03号

特集2 高齢者住宅 低価格モデルは終焉したか
存続の鍵はコスト管理と中重度者対応

報酬改定の影響で高齢者住宅の低価格モデルの経営は厳しさを増している。低価格型を成立させるには、緻密な収支コントロールや中重度者の受け入れが欠かせない。都市型軽費老人ホームやシェアハウスなどで低価格型のニーズに応える動きもある(62〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7734文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集2 高齢者住宅 低価格モデルは終焉したか(61ページ掲載)
高齢者住宅 低価格モデルは終焉したか
特集2 高齢者住宅 低価格モデルは終焉したか(62〜67ページ掲載)
存続の鍵はコスト管理と中重度者対応
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
【記事に登場する企業】
厚生労働省
update:18/03/17