日経ヘルスケア 2018/04号

コンサルタント工藤高の病院経営最前線
どうする? 急性期一般入院料の選択 看護必要度クリアも、入院単価低い理由とは

 これに猛反対したのが看護部長だ。「患者像が同じなのに、看護配置10対1に落とすなんて言語道断」と反論。「重症度、医療・看護必要度(看護必要度)の該当患者割合だって従来の評価方法Iで34.5%、新しい評価方法IIでも27.6%あるのよ!」と鬼の形相で吠えた。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2790文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:18/08/06