日経ビジネス 2018/09/17号

特集 凄い生産性アップ 人を動かす科学と技術
凄い生産性アップ
人を動かす科学と技術

日本企業の生産性が上がらない。最新の労働生産性は46年間、主要7カ国(G7)中で最下位を記録。働き方改革の一環として始まったプレミアムフライデーは定着せず、有給休暇消化率から残業時間まで生産性を示す多くの指標は改善の兆しを見せない。(22〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:404文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 凄い生産性アップ 人を動かす科学と技術(22〜23ページ掲載)
凄い生産性アップ
特集 凄い生産性アップ 人を動かす科学と技術(24〜27ページ掲載)
Prologue 昇給、昇進、飲み会、運動会…… 社員のやる気はそれじゃ湧かない
特集 凄い生産性アップ 人を動かす科学と技術(28〜37ページ掲載)
Part1 本当に効果的な13の技 鍵はデータ解析と医学的知見
特集 凄い生産性アップ 人を動かす科学と技術(38〜39ページ掲載)
Part2 個人のための生産性アップ術 いやでもやる気が湧いてくる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > ワークスタイル#
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 働き方改善#
update:21/03/05