日経ビジネス 2018/09/17号

敗軍の将、兵を語る
留学生が審判に暴行 佐々木博之氏 [延岡学園教頭]

 事件が起きたのは長崎県大村市で行われた全九州高校大会の男子準決勝、福岡大大濠との試合でした。当校のコンゴからの留学生がファウルを取られた後、審判員を殴ったのです。審判の方は口を10針縫うケガをしてしまいました。本当に申し訳なく思います。(92〜93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3138文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン#
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > スポーツ#
【記事に登場する企業】
延岡学園
update:21/03/05