日経メディカル 2018/11号

リポート5
入院患者の不穏をAIで予知して防げ
手首装着型センサーを使ったシステムの開発が進展中

 AI(人工知能)に心拍数や呼吸数などのバイタルデータを解析させ、入院患者における不穏の出現を予知するシステムの開発が進められている。不穏の予兆を検知し、不穏を未然に防ぐケアを提供することで、医療者側の負担軽減が期待できる。(20〜21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2883文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
update:18/12/18