日経エレクトロニクス 2018/12号

Breakthrough 充電技術が決めるEVの未来
鳥瞰図 これが充電技術ごとのEVの未来?
移動コストが低く、身軽で新しいモビリティーの時代へ

電気自動車(EV)は、充電技術の選択次第で将来性が大きく異なってくる。既定路線の「ケーブル充電」方式のEVは、今後さまざまな矛盾が噴き出し、完全自動運転が本格化する2030年ころに行き場を失う可能性が高い。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:486文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Breakthrough 充電技術が決めるEVの未来(28〜29ページ掲載)
充電技術が決めるEVの未来
Breakthrough 充電技術が決めるEVの未来(30〜31ページ掲載)
鳥瞰図 これが充電技術ごとのEVの未来?
Breakthrough 充電技術が決めるEVの未来(32〜38ページ掲載)
〔第1部:既定路線〕 大電力化するケーブル充電 ガソリン車の呪縛で袋小路へ
Breakthrough 充電技術が決めるEVの未来(39〜45ページ掲載)
〔第2部:車線変更〕 製品化近いワイヤレス給電 課題は軽量化と電波の低減
Breakthrough 充電技術が決めるEVの未来(46〜51ページ掲載)
〔第3部:理想の道〕 “手ぶら”で長距離旅行 架線式走行中給電も浮上
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 電動自動車・バイク
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 電動自動車・バイク
ビズボードスペシャル > 環境 > 電動自動車・バイク
update:19/04/09