日経パソコン 2019/01/28号

OneNoteで情報を整理する
第2回 あらゆる情報を記録するノートを書く

OneNoteに書く内容は自由だ。セクションやノートブックで仕分けをすればよいので、紙のノートのように日記と仕事用などに分ける必要がなく、あらゆる情報を1冊にまとめられる。今回は基本的な記録の方法や写真の貼り付け方を知っておこう。もちろん、書くといっても実際には入力するわけだが、そこはノートアプリなので、ここでは「書く」としておく。OneNoteの1枚のノートは、「ページ」と呼ばれている。ノートとページはイコールだと考えてほしい。新しいノートを書くには、ページの追加が必要になる。(91〜96ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5661文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
日経パソコンEdu用記事(非表示) > Officeソフト入門&活用 > 使ってみよう OneNote 2010
update:19/09/25