日経ものづくり 2019/02号

特集1 デジタルで後継育成
〔Part3 ITツール〕 仮想現実やAIでベテランと若手を橋渡し 知恵や技をデジタルで再現

 AIを活用しようとの機運も高まっている。例えば、LIGHTz(本社つくば市)は、技能継承に向けてベテラン(同社は「熟達者」と呼ぶ)の知見・ノウハウをAI化する事業を展開する。同社のAI「ORGENIUS」は、「知見や思考回路をネットワークモデル化したもの」(同社)…(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2584文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 デジタルで後継育成(33ページ掲載)
デジタルで後継育成
特集1 デジタルで後継育成(34〜39ページ掲載)
〔Part1 総論〕 デジタル技術でノウハウを形式知に 精度高い記録と明解な視覚化で継承
特集1 デジタルで後継育成(40〜42ページ掲載)
〔Part2 事例〕 デンソー
特集1 デジタルで後継育成(43〜46ページ掲載)
〔Part2 事例〕 ダイキン工業
特集1 デジタルで後継育成(47〜49ページ掲載)
〔Part2 事例〕 東芝機械
特集1 デジタルで後継育成(50〜51ページ掲載)
〔Part3 ITツール〕 仮想現実やAIでベテランと若手を橋渡し 知恵や技をデジタルで再現
特集1 デジタルで後継育成(52〜54ページ掲載)
〔Part3 ITツール〕 現場で使えるスマートグラスとHMD
特集1 デジタルで後継育成(55〜57ページ掲載)
〔Part4 数字で見る現場〕 期待は高いが実利用はこれから 課題はデータ活用手法確立やコスト
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
update:19/02/21