日経Automotive 2019/03号

Automotive Report
ソフトバンクがMaaSで黒字達成 フィリピンで3輪EVの実証実験

 高頻度でやってくる定時運行で利便性を上げつつ、運行効率を高めて売り上げを増やす。(1)の稼働率を高めるのに着目したのが、従業員である運転者の実際の労働時間を増やすことである注2)。運転者の1日当たりの規定労働時間は10時間で、賃金は全員同じ。(20〜21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2572文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
車・機械・家電・工業製品 > 車・機械・家電・工業製品の市場・業界動向 > 自動車・バイクの市場・業界動向
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > その他(旅客・運輸サービス)
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 自動車・バイクの市場・業界動向
【記事に登場する企業】
ソフトバンク
update:19/02/18