日経パソコン 2019/02/11号

特集2
プロジェクター&ビジネスプリンター
最新2019年版現場のIT化に欠かせない!

 プロジェクターはビジネス向けと家庭向けの製品が販売されている(図3)。想定されている用途が異なるため、会議やプレゼンで利用するのであればビジネス向けモデルから選ぶのがよい。 製品選びで注目すべき仕様は3点。(30〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:15005文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2(30〜41ページ掲載)
プロジェクター&ビジネスプリンター
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > プリンタ > ページプリンタ*
パソコン・デジタルギア > プリンタ > インクジェットプリンタ
パソコン・デジタルギア > プリンタ > OA複合機(プリンタ+ファクスなど)*
パソコン・デジタルギア > ディスプレイ > プロジェクタ*
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
NECディスプレイソリューションズ
沖データ
加賀マイクロソリューション
カシオ計算機
キヤノン
セイコーエプソン
日本HP
日立マクセル
ベンキュージャパン
リコー
update:19/04/19