日経ものづくり 2019/04号

レポート
清水焼にCNF利用し歩留まり2倍 扱いやすいスラリーと高い脱型性実現

保水力が高いCNFを長石が主原料のスラリーに添加した結果、成形品は0.58%ほど大きく収縮するようになった。加えてCNFは粘着性が小さいため成形品が型に張り付きにくくなった。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2579文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
京都大学
第一工業製薬
update:19/04/19