日経Linux 2019/05号

特集2 実は必要? Linuxのセキュリティソフト
Part1 どんなアンチウイルスソフトがある?
Linuxにもセキュリティ対策が必要に

セキュリティの面において、LinuxはWindowsよりも安全とよく言われますが、油断は禁物。Linuxのシステムを狙った攻撃が近年は増加しつつあります。まずPart 1では、Linux環境の周りにどんな変化が起きているのか、Linux用のセキュリティソフトにはどんなものがあるかについて紹介します。(71〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3845文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 実は必要? Linuxのセキュリティソフト(70ページ掲載)
実は必要? Linuxのセキュリティソフト
特集2 実は必要? Linuxのセキュリティソフト(71〜73ページ掲載)
Part1 どんなアンチウイルスソフトがある?
特集2 実は必要? Linuxのセキュリティソフト(74〜77ページ掲載)
Part2 検出率のわずかな差よりも「重さ」に注目
特集2 実は必要? Linuxのセキュリティソフト(78〜82ページ掲載)
Part3 無料のClamAVでも有償ソフトに遜色なし
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Linux
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
情報システム > サーバーOS > Linuxサーバー
update:19/05/09