日経ヘルスケア 2019/05号

特集1 医療・介護のトラブル・クレーム最新事情
PART3 急増する訪問サービスのトラブル 現場の被害を拾い上げる体制が鍵

医療機関における患者の暴力・暴言やハラスメント行為は大きな問題として、組織全体で対応する必要性が広く認識されるようになった。しかし、こうした行為が発生しやすい上に認識されにくいというリスク要因がいまだに多い。(31〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4443文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 医療・介護のトラブル・クレーム最新事情(20〜21ページ掲載)
医療・介護のトラブル・クレーム最新事情
特集1 医療・介護のトラブル・クレーム最新事情(22〜26ページ掲載)
PART1 全体動向 令和時代のトラブルはどう変わる?
特集1 医療・介護のトラブル・クレーム最新事情(27〜30ページ掲載)
PART2 クレーム・トラブル最新解決術 ヘビークレームには組織で対応
特集1 医療・介護のトラブル・クレーム最新事情(31〜34ページ掲載)
PART3 急増する訪問サービスのトラブル 現場の被害を拾い上げる体制が鍵
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
update:19/05/17