日経ヘルスケア 2019/05号

奥付/編集部から
編集部から

関西医科大学看護学部教授の三木明子氏によると、海外における在宅ケアでは、護身用の機器の携行を全スタッフに義務づけているとのこと。治安が悪い地域での夜間訪問は原則行わず、行う場合は2人訪問やセキュリティーサービスを活用といった安全対策が標準と…(113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1197文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
【記事に登場する企業】
関西医科大学
update:19/05/17