日経ホームビルダー 2019/06号

リポート IoT住宅
激化する市場争奪戦

 IoT住宅(スマートホーム)を巡る勢力図は2019年以降、大きく変わりそうだ。パナソニックやLIXILは「住宅向けOS」となるプラットフォームの構築を狙う。顧客との関係を継続させるIoT住宅向けの建材・設備に、メーカー各社も注力し始めた。(68〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4146文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅設計・デザイン
建設・不動産 > 建設・不動産の市場・業界動向 > 建設・建築の市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 建設・建築の市場・業界動向
Bizトレンド > キーテクノロジー > IoT
Bizトレンド > ITとの融合 > スマートハウス
【記事に登場する企業】
パナソニック
リクシル
update:19/05/29