日経ビジネス 2019/05/27号

時事深層 POLICY
世界最大の運用会社トップが警鐘 資産形成の前提は既に崩れている

医療の進歩によって寿命は延びているが、社会保障制度は延びる寿命を前提にしていない。高齢者だけでなく、若年層の将来不安はポピュリズムや排他的な考え方につながりかねない。世界最大の運用会社、米ブラックロックの社長が資産形成のあるべき姿を語った。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1589文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > 住まい・暮らし > その他(住まい・暮らし)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会問題
【記事に登場する企業】
米ブラックロック社
update:19/06/03