日経ビジネス 2019/05/27号

特集 欧州リストラの極意 復活した巨人たち
PART1 「選択と集中」で日本企業をリード 営業利益率10%超 時価総額では大差

日本企業は米国企業を経営モデルとしてきたが、強さが際立つのは欧州だ。大胆に事業の中身を見直してきた欧州企業は高収益を謳歌している。 5月中旬、日本の上場企業の2019年3月期決算が出そろった。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2101文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 欧州リストラの極意 復活した巨人たち(28〜29ページ掲載)
欧州リストラの極意 復活した巨人たち
特集 欧州リストラの極意 復活した巨人たち(30〜31ページ掲載)
PART1 「選択と集中」で日本企業をリード 営業利益率10%超 時価総額では大差
特集 欧州リストラの極意 復活した巨人たち(32〜35ページ掲載)
PART2 総合家電からヘルスケア企業へ 改革開始は自然の中でフィリップスの大変身
特集 欧州リストラの極意 復活した巨人たち(36〜43ページ掲載)
PART3 どうすれば会社は変わるのか 本物のリストラ 3つのステップ
特集 欧州リストラの極意 復活した巨人たち(44〜45ページ掲載)
PART4 なぜ欧州企業は強くなったのか カギは保身なき経営者
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/06/03