日経NETWORK 2019/06号

特集1 危ないIoT
〔Part1〕 狙われるIoT機器
対策が不十分なまま急成長 格好のターゲットに

 大型のIoT機器として代表的なものは産業用機器だ。例えば、建設現場で使うブルドーザーや農地で使うトラクター、工場などの製造ロボットが該当する。ネットに接続することで遠隔地からリモート操作できるものもある。(22〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4446文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 危ないIoT(20〜21ページ掲載)
危ないIoT
特集1 危ないIoT(22〜25ページ掲載)
〔Part1〕 狙われるIoT機器
特集1 危ないIoT(26〜29ページ掲載)
〔Part2〕 変貌するIoTウイルス
特集1 危ないIoT(30〜31ページ掲載)
〔Part3〕 NOTICEの効果
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
Bizトレンド > キーテクノロジー > IoT
update:19/06/30