日経NETWORK 2019/06号

特集1 危ないIoT
〔Part3〕 NOTICEの効果
脆弱なIoT機器を探し出しISPからユーザーに注意喚起

part3 脆弱なIoT機器を減らすための国家プロジェクト「NOTICE(ノーティス)▼」が2019年2月20日に始まった。NOTICEは、どんなIoT機器を調査して、どのようにして脆弱なIoT機器を減らすのか。開始から2カ月が経過し、効果はあったのか。順に説明しよう。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2716文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 危ないIoT(20〜21ページ掲載)
危ないIoT
特集1 危ないIoT(22〜25ページ掲載)
〔Part1〕 狙われるIoT機器
特集1 危ないIoT(26〜29ページ掲載)
〔Part2〕 変貌するIoTウイルス
特集1 危ないIoT(30〜31ページ掲載)
〔Part3〕 NOTICEの効果
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
Bizトレンド > キーテクノロジー > IoT
update:19/06/30