日経NETWORK 2019/06号

特集2
3大クラウドのネットワーク新常識
AWS、Azure、GCPを徹底比較

企業がパブリッククラウド上でデータを活用する際、ネットワークへの考慮は極めて重要だ。例えば、オンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドの場合、クラウド上のデータベースとオンプレミスの間にネットワーク遅延があると、想定よりスループットが出なかったり、リアルタイム処理ができなかったりする事象が発生する。こうしたことを防ぐには、ネットワークの観点から各クラウドを比較することが不可欠だ。そこで本特集では、パブリッククラウドを導入する際のポイントをネットワークの視点から解説する。(34〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10512文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2(34〜43ページ掲載)
3大クラウドのネットワーク新常識
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > クラウドサービス > 法人向けクラウドサービス
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > 法人向けクラウドサービス
【記事に登場する企業】
米アマゾン・ウェブ・サービシーズ社(AWS)
米グーグル社
米マイクロソフト社
update:19/06/30