日経ビジネス 2019/06/03号

時事深層 COMPANY
ファミマ、頂新との合弁解消求め提訴 伊藤忠の中国戦略転換と符合

ファミリーマートと中国事業の合弁相手、頂新グループの関係が悪化し、訴訟に発展している。背景にあるのが親会社、伊藤忠商事の動きだ。2009年に頂新に出資したが、18年2月に提携を解消している。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1591文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 資本参加・業務提携
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > コンビニエンスストア
【記事に登場する企業】
伊藤忠商事
中国・頂新国際集団
ファミリーマート
update:19/06/10