日経トップリーダー 2019/06号

安田佳生の境目コラム
〔16〕 雇用を捨てるとき

17正社員として雇用し、家族も含めて責任を持ち、その分しっかり働いて会社に貢献してもらう。昭和30年代から急激に増えた会社と個人の生涯にわたる契約関係。それが終わりを告げようとしています。今や大企業は、雇ってしまった人材を減らすことに必死。(114ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1255文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > 住まい・暮らし > 生き方
update:19/06/14