日経ヘルスケア 2019/06号

特集2
医療・介護の消費増税対策
迫る税率10%、報酬改定による補填効果は?

「医療は非課税を前提とした対応策の限界がはっきり示された。消費税率が20%になる時代を念頭に、これから医療を『課税』に変更する議論をしっかり積み重ねていかねばならない」──。日本医療法人協会会長の加納繁照(しげあき)氏は、診療報酬の引き上げを…(41〜46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7801文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2(41〜46ページ掲載)
医療・介護の消費増税対策
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
update:19/06/17