日経メディカル 2019/06号

リポート2
外国人専用病院の計画で地元混乱
自由診療病院は病床規制を無視できる? 露見した制度の穴

 昨年秋、川崎市で浮上した外国人専用病院の開設計画が、地域の医療関係者の間で物議を醸した。病床過剰地域でも開設を止める手立てがなく、現行制度の不備が露見した格好だ。神奈川県は今年度中に独自ルールの作成に取り組む方針を示している。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3391文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > その他(病院・薬局・施設経営)
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:19/06/17